探偵達のレクイエム(4)

「地蔵??どこにですか?」

再び見ると、そこには何も無かった・・・

「この島には、地蔵さんはひとつもないですよ??」

そんなわけはない!・・・気のせい?・・・まさか!!

しかし、地蔵の姿は消えていた・・・

「にゃちさん? 皆様が待っております。食事も出来てますよ」

ロキは楽しそうに笑った。

もう1度後で確かめに来よう・・・幻覚!?

「あ、はい、すいません。お願いします。」

ロキの背中を見ながら、屋敷へ5人は森の中を無言で歩いて行った。


10分程で、古い石造りの大きな洋館に着いた。自己紹介の後、各自は二階の客室に案内された。

ロキが言うには、この後4人遅れて参加するらしい。

部屋は一人用には広く、全てがアンティークのせいか古く
とても・・・薄気味悪く感じるのは、さっきの地蔵のせいだろうか・・・。

窓から外を見る

見えるわけないか・・・この島は地蔵はないってロキが言ってたし

その時突然ドアが開いた。
 
「あ!ごめんなさい!部屋間違えてしまって!」

振り返ると同じ船にいたあの女性、ユチだ。そう彼女だ。

恥ずかしそうにしてる僕は彼女に近づき手を差し出し

「君は・・・運命って信じる?」

と問いかけ、手をとる。

ユチは驚いて大きな瞳で僕をみつめてる。そして我に返り

「私・・・部屋・・・ごめんなさい。もう行きますね」

後ずさりし、部屋を飛び出した。

「待って!」

部屋を出て追いかけようとすると、部屋の外にはエドンが立っていた。

「にゃちさん、駄目です・・・彼女だけは駄目です!!」

今まで見たことも無い真剣な表情のエドンに、足が止まった。

「彼女だけは・・・??どうゆう意味だ?」

                       つづく
[PR]

by maverick101 | 2009-01-25 02:35 | 探偵達のレクイエム

名探偵エドン MAVERICK殺人事件編(4)

c0017742_21405140.gif



あけましておめでとう


今回はなんと3年ぶりの登場だ


見た目は子供、頭脳はそれなり


俺の名は・・・名探偵エドン


バーロー!









●前回までのあらすじ●



ネイビーがころされた











c0017742_2295045.gif

フート 「先生、お久しぶりです。何か絵が下手になってませんか?」



エドン 「ふふふ、助手のフート君。それは作者が慣れないマウスで描いているからだよ」












c0017742_23282545.gif


海原ゆち山 「・・・3年待ちましたが。そろそろ容疑者の紹介してもいいですか」



エドン 「あ、ゆち山さんすみません。どーぞどーぞ」
















c0017742_064043.gif
海原ゆち山
「まずはこの男、ガルマだ。彼はネイビーの飲み仲間だ。犯行時間のアリバイがあやふやで怪しい」




フート
「なるほど、名前も怪しいですね」











c0017742_084014.gif
海原ゆち山
「彼女はチック。ネイビーの奥さんだ。酒を飲み、暴力的になる夫に嫌気がさしていたらしい」




フート
「DVですね」























c0017742_23535886.gif
海原ゆち山
「最後にこの男、ロキだ。彼はネイビーのオンラインゲームでの友達だ。レアアイテムのやりとりに関する怨みがあったようだ」



フート 「なんか生々しいですね」

















c0017742_113747.gif


海原ゆち山 「どうじゃ。この中に必ず犯人がいるはずじゃ」



フート 「エドン先生。いったい誰が犯人なんですか?」















c0017742_135378.gif

エドン 「いや・・・この中に犯人はいない!」



フート 「えええ!?」













続く

[PR]

by maverick101 | 2009-01-08 01:43 | 名探偵エドン