探偵達のレクイエム(4)

「地蔵??どこにですか?」

再び見ると、そこには何も無かった・・・

「この島には、地蔵さんはひとつもないですよ??」

そんなわけはない!・・・気のせい?・・・まさか!!

しかし、地蔵の姿は消えていた・・・

「にゃちさん? 皆様が待っております。食事も出来てますよ」

ロキは楽しそうに笑った。

もう1度後で確かめに来よう・・・幻覚!?

「あ、はい、すいません。お願いします。」

ロキの背中を見ながら、屋敷へ5人は森の中を無言で歩いて行った。


10分程で、古い石造りの大きな洋館に着いた。自己紹介の後、各自は二階の客室に案内された。

ロキが言うには、この後4人遅れて参加するらしい。

部屋は一人用には広く、全てがアンティークのせいか古く
とても・・・薄気味悪く感じるのは、さっきの地蔵のせいだろうか・・・。

窓から外を見る

見えるわけないか・・・この島は地蔵はないってロキが言ってたし

その時突然ドアが開いた。
 
「あ!ごめんなさい!部屋間違えてしまって!」

振り返ると同じ船にいたあの女性、ユチだ。そう彼女だ。

恥ずかしそうにしてる僕は彼女に近づき手を差し出し

「君は・・・運命って信じる?」

と問いかけ、手をとる。

ユチは驚いて大きな瞳で僕をみつめてる。そして我に返り

「私・・・部屋・・・ごめんなさい。もう行きますね」

後ずさりし、部屋を飛び出した。

「待って!」

部屋を出て追いかけようとすると、部屋の外にはエドンが立っていた。

「にゃちさん、駄目です・・・彼女だけは駄目です!!」

今まで見たことも無い真剣な表情のエドンに、足が止まった。

「彼女だけは・・・??どうゆう意味だ?」

                       つづく
[PR]

by maverick101 | 2009-01-25 02:35 | 探偵達のレクイエム